金総書記死去、財界首脳が談話 「普通の国に脱却を」と米倉氏

昨日は世界的なニュースが世界を席巻しましたが北朝鮮の動向は今後も注目されるのではないかと思っております。

今日はその北朝鮮のニュースをピックアップ!
http://headlines.yahoo.co.jp...n-bus_all
米倉弘昌経団連会長は19日の会見で、北朝鮮の金正日総書記が死去したことについて「国の内情が変わるときが一番危険だ。危機感を持って見守っていく必要がある」と述べ、事態の推移を注視する姿勢を示した。日本経済への影響は「それほどない」としたものの「核やミサイルの開発問題があり、拉致問題も未解決だ」と強調し、「他国から抗議が発せられることが絶対にないよう、異常な印象を持たれる国から普通の国に脱却してもらいたい」と要望した。

長谷川閑史経済同友会代表幹事も同日、コメントを発表。「朝鮮半島の不安定化を回避することが最優先課題だ」として、政府に対し「6カ国協議などの対話を通じてあらゆる手段を講じてほしい」と注文した。

こういった形で独裁国家からの脱却を図ることができるのかどうか、そして世界潮流に合流できるのか今後期待されるところではないでしょうか。

自動車大手サーブ、破産申請=米GM反対で救済策断念
http://headlines.yahoo.co.jp...6-jij-int
オランダの高級スポーツカーメーカー、スウェディッシュ・オートモービル(SWAN、旧スパイカー)は19日、裁判所に対し、経営危機に陥っている傘下のスウェーデン自動車大手サーブの破産をスウェーデン西部ベーナシュボリの裁判所に申請したと発表した。
資金繰りが急速に悪化していたサーブをめぐっては、中国企業が買収することで10月末に基本合意していた。しかしサーブの元親会社で、部品供給元でもある米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が自社の中国事業への影響を懸念し、これを拒否。SWANは、資金調達のめどがつかなくなったとしてサーブの再建策を断念した。

サーブが破産申請ということで、再生を狙っていたものの世界経済の悪化も問題の一つかもしれないですね。今後連鎖して破産の懸念もありますので今後どういった形で手続きが進められていくのかしっかりと追っていきたいと思っております。

初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでも
どのような相場でも勝利を収めていただけるよう
スナイパートレードは全力でサポートしていきます。

本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さい。
スナイパートレード Explosion
HP:http://kabuocool.com/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック